金魚妻という漫画【不倫にはそれぞれの理由があって…】

漫画:金魚妻を読んでみた!

私は、基本的には不倫系の漫画は好きではない。

でもこの漫画にははまってしまった(笑

なんだか、切ない気持ちになったり、泣いてしまったり。

不倫と一文字で言ってしまえばそれまでだけど、でもやっぱり不倫するまでの過程とか、家庭がうまくいってないとか、理由がいろいろあるわけで。

そういう理由って、ドラマでもない限り普通の生活ではわからないよね。

たとえ不倫している人に聞いたとしても、どうせ自分のいいようにしかいわないしね(苦笑

だからといって、この漫画がノンフィクションというわけでもない。

でもなんだかわからない説得力というか、そんな感じで不倫するのかなぁという気にはさせてくれる。

この漫画にはまったポイントとしては、もう一つ。

透き通るような画で、キレイでエロスを感じるところ。

男性漫画化のような、股間にくるエロスではなく、なんだかゾットするような、はかなく消えていきそうなそんなエロス…わかりにくいかな。

読み切りのオムニバス形式なので、一回一回で区切られるのもいいところ。

そして、なんだかはっきりしないまま終わるんだけど、しばらくするとその続編が書かれるのでだんだん真相がわかってくるというわけ。

特に旦那たちがダメな感じのやつが多い。暴力だったり、不倫してたり、特殊な性癖だったり…

自分が一番気に入ってたのは、蕎麦屋の出前のやつかな。

結局、旦那にバレてしまうんだけど、そっからどう展開していくのか続きが楽しみになっている。

この作品を描いているのは、黒澤R先生。

復讐の未亡人とかも描いている、かなりノッテいる漫画家さんだと思う。

先生の描く女性は、スタイルがよくていろいろな顔の書き分けがうまく、同じタイプというのが出てこない。それがまたいい感じだ。

少しネタバレとか

金魚妻の詳しいネタバレや感想はこちら

1巻では、金魚妻とか出前妻とか、それぞれの妻の背景が主に描かれている。

そして各話では、必ず一回は不倫シーンが!?

2巻では、さらに女性作家の腕が発揮されている。
やはり、女性作家さん独自の内容がよく練られているなと感心してしまう。

3巻は、1巻続きなんかもよく描かれていていいね。
しかも1巻や2巻よりもソフトなストーリーになった気がする。

出前妻2では、旦那に浮気を知られてしまう。
登山妻は、どうしてスワッピングをすることにしたのかな?

4巻では、ついに見舞妻が!?

見舞い妻はエッチさでは、ほかの妻の一つも二つも上をいく(笑
エッチな下着の姿がたまらない。

4巻は、男性目線のエピソードがメインっていう感じ。どんな理由があっても、妻に八つ当たりしてしまうのはダメだね。

実際の不倫は良くないけど、マンガでの不倫は面白すぎる!女性4人のそれぞれの不倫がメイン。

4人とも可愛くて魅力がある女性だよね。

読み切り形式だけど続編有りの話しもあるので、続きを楽しみに続巻を購入。